ゆったり構えて過ごしましょう

私は今、48歳の女性です。
私が「あれっ、更年期かな?」と感じるような症状は耳鳴り、頭痛、冷え、頻尿、尿漏れ、疲れやすさ、薄毛です。

耳鳴りは「キーン」という小さい音が耳の遠くで聞こえること、そして耳の中に空気が詰まったような圧迫感です。
具体的に言うと、「トンネルの中を車で走っている時に感じるような耳の不快感」です。

頭痛の対策としては、自宅に市販の痛み止めの薬を常備しておくことで対応しています。
今のところは薬を飲んでから、しばらくすれば痛みが抑えられています。

冷えは特に手、足が冷えていると感じます。冬場はホッカイロが欠かせません。
夏場でもエアコンの設定温度は高めにして、スイッチのオン・オフをこまめにしています。

頻尿、尿漏れに関しては、「おしっこをため過ぎないこと」を心掛けています。
くしゃみをしたり、重いものを持った時に尿漏れが起こります。
もう少し尿漏れの程度が強くなったら、市販の尿取りパッドを買おうと思います。

疲れやすさについては、「疲れたと感じたら休憩を入れること」と心掛けています。

薄毛については私の若い頃の髪質は多く、髪の毛も太かったのですが、更年期に入ってから髪質が変化しました。
髪の毛がとても細くなってしまい、頭皮から地肌が見える状態です。
だから年間を通して帽子が欠かせず、冬場にはネックウォーマーも使っています。

髪の毛が保温の役目をしてくれたり、頭皮を陽射しからも守ってくれていることを実感しました。

私は更年期障害を緩和してくれるような市販薬は、今のところ飲んでいません。
更年期は誰でも迎えるものだし、病気ではないと考えているので薬はなるべく飲みたくないと思うのです。

自分の好きな音楽を聴いたり、ウォーキングをしたり、自分が好きなことや興味のあることに打ち込んだりして過ごすことを心掛けています。
おおらかに、ゆったり、これが更年期を乗り越える心構えかも知れないと思っています。

もしかして更年期?思った時の心構え

私が更年期を意識し始めたのは45歳を過ぎた頃、だんだんと月経周期が短くなり、もしかしたら終わるのかなと思い始めた時でした。生理なんて面倒くさいし早くなくなればいいのにとずっと思っていましたが、終わるにはまだ早いような気がして、少し複雑な気持ちでした。

当時私は営業の仕事で外回りが多く、いつ次の生理が来るのか心配でいつもナプキンをあてていなければならず、量も少ない時もあれば多すぎてトイレに駆け込むこともあり、毎日とても憂鬱でイライラし、娘にあたることもありました。

あまりにもひどいので、娘から「更年期じゃないの」と言われ、やっぱりそうかなと思い調べてみると、更年期障害の症状にイライラ、怒りっぽいと書いてあり、納得してしまいました。

更年期障害の症状は、他にも肩こりや疲れやすい、頭痛、手足の冷え、のぼせ、などの身体面での不調や、やる気が出ない、鬱など精神面での不調など様々な症状があり、すべてが自分に当てはまるような気がして、不安になるほどでした。

症状の出方は人それぞれなので、いつからが更年期というはっきりとした定義はありませんが、更年期に入ったサインとして多くの人が最初に気づくのが、月経不順ではないでしょうか。

毎月生理がきちんと来るかどうかは女性の体にとっては重要なことで、子宮がんや子宮筋腫の可能性もあるので検査を受けることは大切ですが、何も異常がなく、年齢が40代半ばを過ぎていたら更年期の可能性が高いです。

更年期障害というとマイナスのイメージがあり、つらい症状ばかりですが、女性であれば誰でも経験することなのです。

どうしても職場や家族に迷惑をかけてしまうのではないかと心配になりますが、原因はホルモンバランスの乱れと自律神経の乱れにあるのですから、年を取ってくれば当然起こることだと思い、あまりくよくよ考えすぎないことが大切です。

私は気にしすぎて精神的に参ってしまうタイプなので、リラックスするように心がけていました。お風呂上りにはストレッチをしたり、スチーマーで顔のお手入れをするなど、自分のための時間を作るのは良い事だと思います。

サプリメントや漢方薬も女性ホルモンのバランスを整えるためには有効で、私は今でも毎日「すっぽん小町」を飲んでいます。

最近では更年期外来がある病院もあり、あまりつらい時には相談してみるのも良いかもしれませんが、何の治療もせず更年期を乗り切っている女性もたくさんいます。

いろいろ抱え込まずにすむよう、まずはきちんと家族に説明して理解してもらい、心と身体のバランスをとるよう心がけることが大切です。

更年期時に恋愛のすすめ

女性の更年期と同様に男性にも更年期障害が存在するようです。

私の場合は寒暖の差が激しい時や低気圧が近づくと精神的に不安感やめまいが激しく、そしてEDになりました。その自覚症状は激しくなった時に「もしかしてうつ病」?と疑い心療内科へ受診をしにいったのですがマイスリーという睡眠導入剤を処方されただけで「うつ病ではありません」との所見でした。

しかし以前のような活力はなく妻からの夜の誘いにも最後まで応えきれずに妻には淋しい思いをさせてしまいました。

そんな時に職場で後輩の女性の仕事での相談を受けながら自然と恋愛感情に変わる定番の方法で「不倫」の関係になっていったのです。

家族には申し訳ないと思う反面、彼女との関係が深まるににつれ、めまいや頭痛、不安感は自然とおさまり会社へ向かう足取りが軽く、むしろ「早く会社へ行き実績をあげ彼女の前でかっこいい先輩上司でありたい」と願うようになったのです。

それからは、当然、給与も上がり妻や家族の金銭的な欲求にも応えられ妻からの夜の誘いにも積極的に行える自分になりまして、心療内科で処方されたマイスリーを服用をしなくても眠るまえに人肌程度に暖めたミルクをゆっくりと飲むことにより、寝つきも良く、気がつくと朝になっている快眠がとれるようになったのです

道徳的に「不倫」はいけないことだと理解はしているが恋愛・セックスが私に活力を与えたことは明確な事実です。

心療内科では総合病院の内科を紹介しますと言われていましたが、以前よりも活力がみなぎり目覚めのよい朝を迎える私に処方せんは必要ないと判断をして今現在は薬の服用はしておりません。

その結果私には「恋愛・セックス」が良薬と思えるようになったのです。

倫理に反することなので他人に絶対にオススメとは言えませんが時として更年期には必要な感情なのでは?と思います

52歳男性の男性更年期障害

私は52歳男性です。
ここ1年くらいで「男性の更年期障害」と言う言葉を耳にする様になり考える様になりました。

ウォーキングでストレス解消もはじめました

元来更年期障害は女性の物かと考えておりましたが、色々調べてみると男性にもある事が判りました。
いくつかの症状がある様ですが私に一番当てはまった症状は、ほんの些細な事でも大変「イライラ」する事でした。男性更年期障害の症状の最たるものの様です。

2~3年前まではそれほどイライラする事も無かった気がしますが、最近では結構酷く自分でもちょっとした事でイライラしている事に気が付く事があります。
社内の周りの人たちの遠慮の無い大きな笑い声、車を運転中のわずかな渋滞や後ろから来る車の車間距離が近い、コンビニの店員さんの手際の悪さ、家庭内の家内からのほんの一言等々。

又、物事に対し不安感が強くなったり、男性機能の衰えなども男性更年期障害の症状であるそうです。
人間は必ず老いて行きますので避けられない物ですが、少しでも症状を軽くするために私が気をつけている事は先ずイライラをどう減らすかです。

人間イライラした時の感情は90秒するとホルモン分泌の変化で薄れて行くそうです。
ですので私はイライラしていると思った時は、先ずタバコを一服し、深呼吸しながら90秒位一息入れる様に心がけております。
非常に簡単な事なのですが結構効果がありイライラも軽減されてきたように思えます。

又、食事にも気をつける様にしております。
更年期障害以外にも健康に良さそうなのですが、効果が有りそうな食材はたんぱく質が摂れる肉類や魚、大豆製品が良いそうで毎朝は納豆を食べる様にしました。
野菜類では「玉ねぎ」は良い様で、サラダ好きの私は玉ねぎのスライスした物を必ず入れる様にしました。

いずれにしても更年期障害は誰でも大なり小なり経験する物ですので、余り身構える事無く健康を維持する事を意識出来れば症状も軽めに済むように感じます。

ホルモンバランスを整える工夫

加齢と共に、ホルモンバランスの乱れからくる体調不良や肌トラブルなど、新たな悩みが浮上してきますね。
ホルモンバランスが崩れはじめる年齢は人によってさまざまですし、その症状も人それぞれ・・

だからこそ、自分の体の変化を自分で知る事が大切になってきます。
例えば生理周期や、生活スタイルが不調と関係している場合はその点を参考に生活を改善することができます。

そして女性ホルモンに良いといわれるものを体に取り入れてあげることも求められます。
女性ホルモンに良いとされる代表的なものに「大豆イソフラボン」があります。
大豆イソフラボンは豆腐や豆乳などから摂取することができるため、普段から食生活に取り入れる工夫をすることで、ホルモンバランスのためになるということが分かります。

また、適度な運動も大切です。
加齢と共に、新陳代謝がどんどん悪くなっていくため、日頃から適度に体を動かす習慣を付けてあげる事が大切になってくるのです。
汗を流す習慣は、気持ちを前向きにするなどさまざまな良い変化を感じられるはずです。

そして悪い姿勢もホルモンバランスを乱すため、良い姿勢を心がける習慣も身に付けると良いでしょう。
ホルモンバランスにとって、新陳代謝はとても重要だからです。

このようにホルモンバランスの乱れに直面しても、生活を見直し食生活や生活習慣を変えることで解決できることがたくさんあるということが分かってきます。
ホルモンバランスを整える薬品などが市販されていますが、初期症状のうちは生活習慣を見直すことで改善される場合も多いのです。

大切なのは、自分の習慣や傾向を直視するということですね。
自分に合った解決法を見つければ、加齢を重ねても活き活きと過ごすことができます。

ホルモンバランス対策

冷え対策でホルモンバランスの乱れに負けない身体作り

私は二十歳前後でひどくホルモンバランスを崩しました。
若年性更年期にあたるような症状でしょうか、母乳が出たり身体が熱くなって寝れなかったりしました。
処方された薬でなんとかおさまりましたが数年たった今またホルモンバランスの崩れで体調があまりよくありません。

PMS(月経前症候群)の悪化が問題で気分の落ち込みや呼吸のしずらさ等があり、ひどい時は生理の二週間前から症状が出始めます。
生活に支障が出るレベル。ピルの使用も考えましたが足踏みの状態で、とりあえず試してみようと手にとったのが「命の母ホワイト」でした。

命の母ホワイト

最初に飲み始めたころは不調の悪化があるのかも?と思うほど体調がよくありませんでした。
しかし量を調節したり飲む回数を調節したりしていると、久々にPMSがまったくない状態で生理を迎えられたのです。
効き目は体温の上昇とむくみが取れてすっきりといった感じです。

もうひとつ始めてみて効き目があったのは「生理一週間前の豆乳」でした。
生理一週間前に一日1パックの豆乳を飲むというものです。

これについてはダイエット目的で始めましたが生理の一週間前には効果がてきめんで、ホルモンバランスにとって「命の母ホワイト」よりこの時期はとても効くものでした。

そしていつも心掛けているのは「身体を冷やさないこと」です。
入浴には必ず湯船に20分は入る、体調が芳しくない時は朝でも時間を作り湯船に入って身体を温めてから動くようにするとその日一日のパフォーマンスがまったく違います。

冷えは万病のもとといいますが本当だなぁと今更ながら実感しています。
季節の変わり目や気圧の変化でホルモンバランスが左右されがちな時期ですがどう乗り切っていくか、これからもさまざまな工夫をしながら過ごしていきたいと思っています。

ホルモンバランスを改善するために

通常女性は30代以降になると、個人差はありますがどうしても加齢によって少しずつホルモンバランスは崩れやすくなることは避けられないものですが、それが体に悪影響を及ぼすなら何かしらの対策が必要になります。また10代から20代の若い女性でも、ストレスや無理なダイエットや疲労などが原因でホルモンバランスが乱れてしまうことがあります。

女性ホルモンバランスの改善方法

ホルモンバランスは大きく崩れることによって生理不順や無月経など月経のトラブルを招くだけでなく、更年期障害といわれるようなめまいや頭痛、イライラ感などの心身の不調を感じたり、まだ妊娠可能な年代であるにも関わらず、排卵がうまくできなくなり不妊の原因になってしまうこともあります。その場合はホルモンバランスを改善させるべく、さまざまな対処をすべきだと思います。

ホルモンバランスの乱れを確認しよう

まずホルモンバランスの崩れがないかどうかを確認したいなら、産婦人科や内科などを受診することで血液検査を行ってホルモンの数値を調べることが可能です。その結果で必要に応じて、ホルモン剤や当帰芍薬散などの漢方薬を処方してもらえることが多いです。ホルモン剤というと体に何かしらの悪影響があるのではないかと感じてしまうものですが、漢方薬の場合はそれほど大きな副作用はなく、継続して服用することでホルモンバランスの改善が可能になります。

またホルモンバランスの改善には、鍼灸院での治療がいいと思います。鍼灸院では現在の患者ひとりひとりの状態に合わせて治療を行うことができ、ホルモンバランスを改善させるのと同時に他にも体の中でよくないところがあれば、並行して全体的に調子を上げられるように治療を行うことも可能です。

そして薬や治療だけに頼るのではなく、疲労は早めに取るようにする、睡眠時間をしっかり取る、食事は3食しっかり食べるなどを心がけて、自分でもホルモンバランスを改善させる努力をすることが大切です。