52歳男性の男性更年期障害

私は52歳男性です。
ここ1年くらいで「男性の更年期障害」と言う言葉を耳にする様になり考える様になりました。

ウォーキングでストレス解消もはじめました

元来更年期障害は女性の物かと考えておりましたが、色々調べてみると男性にもある事が判りました。
いくつかの症状がある様ですが私に一番当てはまった症状は、ほんの些細な事でも大変「イライラ」する事でした。男性更年期障害の症状の最たるものの様です。

2~3年前まではそれほどイライラする事も無かった気がしますが、最近では結構酷く自分でもちょっとした事でイライラしている事に気が付く事があります。
社内の周りの人たちの遠慮の無い大きな笑い声、車を運転中のわずかな渋滞や後ろから来る車の車間距離が近い、コンビニの店員さんの手際の悪さ、家庭内の家内からのほんの一言等々。

又、物事に対し不安感が強くなったり、男性機能の衰えなども男性更年期障害の症状であるそうです。
人間は必ず老いて行きますので避けられない物ですが、少しでも症状を軽くするために私が気をつけている事は先ずイライラをどう減らすかです。

人間イライラした時の感情は90秒するとホルモン分泌の変化で薄れて行くそうです。
ですので私はイライラしていると思った時は、先ずタバコを一服し、深呼吸しながら90秒位一息入れる様に心がけております。
非常に簡単な事なのですが結構効果がありイライラも軽減されてきたように思えます。

又、食事にも気をつける様にしております。
更年期障害以外にも健康に良さそうなのですが、効果が有りそうな食材はたんぱく質が摂れる肉類や魚、大豆製品が良いそうで毎朝は納豆を食べる様にしました。
野菜類では「玉ねぎ」は良い様で、サラダ好きの私は玉ねぎのスライスした物を必ず入れる様にしました。

いずれにしても更年期障害は誰でも大なり小なり経験する物ですので、余り身構える事無く健康を維持する事を意識出来れば症状も軽めに済むように感じます。